スポンサーサイト

  • 2019.07.19 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Ozu and Soseki (1)-individualism and contradiction A. Borrowing the scene

    • 2019.05.13 Monday
    • 22:47

    JUGEMテーマ:日本映画の監督

     

     Yasujiro Ozu and Soseki Natsume are very similar. To some extent, everyone will think if you read Soseki after getting familiar with Otsu movie. There are words that are likely to appear in the Otsu Bunko, a lot of words and lines familiar with Ozu movie, and scenes that Ozu seems to have borrowed.


     Here, they are divided into “A. scene borrowing”, “B. speech borrowing” and “C. word borrowing” from the ones with high similarity, and the corresponding places of the two are extracted in order of production after Soseki “The Three-Cornred World”. I extracted the corresponding place of both sides. Of course, not all can be borrowed, but since A is carefully selected and narrowed down to six, the possibility is quite high, and B 81 and C 30 have you will see Otsu and Soseki look similar, even though they are not borrowed.


    [[......]] is a Soseki work, [......] Otsu work. If there is a comment, it is written with * after that. In the Otsu movie, only "Beauty's Sorrows" refers to the script because the film does not exist.


    ※ For citation and search of literary works, we use the Internet digital library, Aozora Bunko http://www.aozora.gr.jp.
    ※ A long one without chapters such as Soseki's "The Miner" and lecture notes indicates the corresponding part when the whole is taken as 100 ([[The Miner 36/100]] is 36), and that in Otsu movie The position is expressed as hours, minutes and seconds.

     

    Written notice.

    I translated from Japanese original in machine translation software on the Internet. I translated it into Japanese with the same software and confirmed it, but I think there are still imprecise and unclear places.
     

     

    The original text is below.

    ◆小津と漱石(1)−個人主義と矛盾A 場面の拝借


     

     

    A. Borrowing the scene

     

    1. Contradiction and God
    [[The Miner 36/100]] Human character changes hourly. It is natural to change, and contradiction should come out when it changes, meaning that there are many contradictions in human character. A contradiction results in the same thing with or without a personality. ...... I can not understand for more than a minute when I heard from God. The god who understands this temple is only in his belly.

    [Equinox Flower 1:23:51] "Whoever is such a contradiction? Even God is not. Life is full of contradictions. Everybody is. So ... even a scholar who said that the total contradiction is life." is there" 

    * A is a scene borrowing, but only here is a line borrowing. In the similarity between Ozu and Soseki, the most important contradictions (see “Ozu, Soseki and Dostoyevsky” below) and God are taken up and the possibility is high.

     

    2. It's all right now 
    [[Kokoro my parents and I]] On the next day my father was better than I thought. I walked to the bathroom without asking him to stop. “It's all right,” I didn't feel like I was going to be in Tokyo at the end of the day when I left home because of my anxiety. I asked my mother, "Shall I look after a little more?" My mother asked, "Please do so."

    [The End of Summer 1:04:05] "If you do that, I want you, my aunt, my uncle. What time will it be, I still know." (Father returns to sanity) " "Oh, I went to bed. A little shit," "I'm worried about it, but I can't wait."

    * In this part of “The End of Summer” Noda Kougo's “A father of a certain girl who often came to play in acupuncture and moxibustion department suddenly collapsed in myocardial infarction, and when sons and daughters were tense and gathered, overnight The story was based on the fact that he had healed and healed it (3) (Speaking all about his own works & critiques), but the actual scene making might have been borrowed from Soseki.

     

    3. propose 
    [[Kokoro teacher and testimonials forty-five]] I suddenly said, "Please give me your wife and grandmother." Unlike a normal woman, a certain wife who was clearly determined to be a man, like a man, was a person who can speak very well in such a case. "Good morning, let's give it to me," he said. “It's not a terrific situation to give, but please do not hesitate. As you know, I'm a lone child without a father,” he asked afterward. ...... / I think that if you imagine me listening to a story from a distance, I think that I can not calm down somehow. At last I put on my hat on the front. Then again I met my grandmother under the slope. The lady who knew nothing was surprised to see me. When I take off my hat and ask, “Go home now,” I wondering if I had already recovered from my illness. I answered, "Yes healed, healed", and I turned to Zun Zu Suidobashi Suidobashi.

    [Early Summer 1:26:06] "No, it's a good story about insects, but I think it would be good if you like Akikichi's bride to be like you." "Yes" ...... "Hey small mother, I like the rest of the market I like the rest" "Hey" "If I like it" "True" "Yes" ...... "Oh, it was good, it was good. I'm completely relieved No, I will not eat, I will not spare, "No, I'm going to spare," "Why, wait a little more. I'll be back, Yukichi." "But I'm not going back," " "Goodbye," "Good night, Good night, Thank you, thank you." (Excludes the entrance and passes by Okikichi) "Go back," "Dearly yesterday," ......, "Well, good night," "Well, Good night. "

    * The proposed scenes are both Soseki and Ozu, which are the only ones listed here, and they are very similar. The main character is humble at the other party's home, not the person but his mother, while the other person is away, and the person who received it is humbled, and then encounters the other party because he can not calm down I pass each other. "Kokoro" heard the voice of the grandmother in Noriko (Haruko Hara). This scene is a climax I've read in a textbook, but it's hard to remember because it's a painful incident soon after.

     

    4. How many years were born
    [[Floating Weeds 5]] “Why not go away? It's 16 times different from Ken-chan, my sister is. Good man I'm Mishima's sheep, and my sister's four green. Ken-chan's melancholy Seven red Shichishiki "" I do not know what it is, but anyway it is 36 "

    [Brothers and Sisters of the Toda Family 02: 05] "Jamea 4th Year" "That will be 5 years, what is your father," "But why are there many differences between your father and mother?" "8 Tsuyeo "Oh, my father sixty-nine" "Yes" "Hey, then my mother, I wonder if it is so," "Yes, it's a three-legged trap above me."

    * The voice of Kazuko (Miyake Kuniko) and Ayako (Tsubouchi Yoshiko) were heard on this scene of "Floating Weeds".
    Otsu has borrowed the details of "Brothers and Sisters of the Toda Family" from Satomi Ton's novel, so at a discussion meeting with Satomi who is watching this work, it becomes painful in front of him I confessed it myself. When Shojiro who has been cut by "Hat" censor crying, "Anjo's Brother" title and opening photo, "Amakara World" I can not sleep when I bite Gyokuro, "There are still many". Having received this, Satomi points out that the master of "Brothers and Sisters of the Toda Family" died and relatives appeared one after another at the beginning of his own "Four Leaves Clover" However, I have confessed that this person is actually a loan from Frobel (1 "Brothers and Sisters of the Toda Family" examination).

     

    5. Light the other's cigarette with two small pieces of phosphorus
    [[Light and Darkness, a novel 16]] Yoshikawa had a little surprising face and spit out the after-meal small dumplings he had used until now. Then I tried to take out the cigarette with a bag inside. Tsuda immediately rubbed the match on the ashtray. The first sight is useless and disappears quickly, as it was rushed to do so much. He rushed and rubbed the second, taking it to the end of Yoshikawa's nose.

    [Floating Weeds 1:53:58] (As Juro Arashima searches for the size while smoking with tobacco, Sumiko walks up with Koma Juro and lights up the tobacco that he carries with his own. The first shot does not score because the opponent hates, but in the second shot, Koma Juro defeats and succeeds)

    * "Floating Weeds" is a remake of the silent "A Story of Floating Weeds", and the silent one has the same scene as this, but it does not light the cigarette of the other party's cigarette, but the phosphorus size He is offering his stuff to him who is looking for, and the fire is lit by Kihachi (1:22:40). Ozu produced "Floating Weeds" after reading Soseki's "Light and Darkness, a novel" (to be precise before "Tokyo Story" starts shooting-see "Summary" below), so "A before remake" It seems that this difference with the Story of Floating Weeds has appeared. Furthermore, the influence is seen in the next "The End of Summer".

     

    6. Newcomers to the meeting place
    [[Light and Darkness, a novel hundred sixty-one]] [I--] / When Tsuda spoke, a newcomer with a footsteps approaching came to a stand by their dining table. ...... / When I realized that it was a long-haired young man who had been with Kobayashi in the corner of Odori last time, Tsuda was even more astonished. ...... "Hara-kun, draw a good picture, you. Buy a piece and do it now. I'm troubled now, I feel sorry." ...... "I don't know anything about it." "No, that's not it, hey. Hara: Take it and see if it happens.

    [The End of Summer 04: 27] (appears after taking a seat off for matching work) "Hey, I do not have Kitagawa" ... "Hello, I'm helping out of my friend's art gallery" "Ah, yes, isn't it?" "Do you have a picture of a cow in your shop?" "Are you a Japanese painting or is it?" "I will leave it to you "Oh, I will look for you"

    * After Hara of "Light and Darkness, a novel" disappeared once, I felt suspicious when I appeared as a newcomer, but if I thought that there would be no talk of selling or buying pictures, I still thought It came out. It is also similar to hesitation that the other party of the first meeting is made to buy. A painter named Hara will be the original material of Kohayagaw Akiko (Hara Setsuko) who is helping the gallery at "The End of Summer". In fact, that is quite unnatural. The participants in the art gallery have not appeared at all, and the content seems to be only for this scene. At "Late Autumn" Akiko Miwa (setuko Hara) works at the Fashion Academy, but this involves a story of a photo with the director's couple.

      (The text ends here)


     

     

    ◆小津と漱石(7)−小津と漱石とドストエフスキー

    • 2018.02.14 Wednesday
    • 18:55

     

    JUGEMテーマ:日本映画の監督

     

     

    小津と漱石とドストエフスキー 【参考文献】



       石は人間のエゴイズムを表したと言われますが、その影響として作品には矛盾の字が多く現われます。最多は「明暗」の二十一。作品が長いことにもよりますが題名がそれを象徴しています。次の「坑夫」が十五。これは独白のかたちで全編にわたって考察しています。三位がこれも題名から予想される「こころ」の十三。いたいけな「三四郎」でさえ十もあります。この作品から彼の心理探求が始まりますが、やはり矛盾の字が多くなることが、それを示しています。
       現在では当り前のように扱われていると思われますが、漱石は予想していた事態が起らなかったことに対して、起きなくて良かった、起って欲しかったと相反する感情が同時に起きる様子を描いています(明暗 百六十二、百七十九)。これなどは彼が表した矛盾の白眉といえるでしょう。漱石は矛盾を描いた作家でした。
       なお芥川龍之介の作品にも、他の作家のものと比べると矛盾の字は多く、内容も「鼻」「羅生門」などがこれをよく表しています。芥川は漱石の門下生にもまして、自身が本当の弟子だと述べたそうですが、作品の中で矛盾を表しているのも一因でしょうか。しかしそれらは短編のためもあり、矛盾への考察はなく提示するだけに終っています。
       津映画には登場人物の矛盾した考えがよく出て来ます。これは勧善懲悪、絶対悪を否定します。「彼岸花」ではそれが元で夫婦喧嘩が起き、夫の平山渉(佐分利信)は「矛盾の総和が人生だって言った学者(誰だろう)だってある」と開き直ります。「早春」うどんの会で、不倫の仲にある杉山正二(池部良)と金子千代(岸恵子)を非難した仲間が二人を羨みもします。
       映画監督の新藤兼人は「漱石が小津に与えた影響は非常に大きい」として以下のように述べています(大意)。「漱石は日本で初めて自我の発見をした。人は他人を裏切り続けていくなかで、そのような自分とは何者かと問い、贖罪的な気持を持つことによってモラルを確立する。小津はこの贖罪の気持を個人の中に終らせるのではなく、人と人との間に浸透させる方向に向っていった」(Э憩7鷽傭漫砲海里海箸蓮⊂津映画にある普遍性につながるでしょう(後に書く「◆普遍性(2)−懐かしい風景」参照)。
       津と漱石の共通点として、特に勧善懲悪がない、個人主義の二つが挙げられます。小津「戸田家の兄妹」、漱石「虞美人草」のような例外的なものもありますが、勧善懲悪がないということは漱石の作品にある「同じ人が善人にもなれば悪人にもなる」(こころ 先生と私 二十八)につながり、彼はこれを矛盾としています。
       善悪でなくても、時と場合によって言動が変ることも矛盾と呼んでいます。さらに漱石は貧富の差、場違いな言動なども矛盾といいますが、彼が説いた個人主義を離れていくので数は殆どありません。それは小説ではなく紀行文「満韓ところどころ」でみることができます。
       れらの多くは小津にも当てはまります(「A1 矛盾と神様」「B31 矛盾−善悪共存」「B43 矛盾−非難と羨望」「B53 矛盾−評価る人の都合」参照)。この個人のなかの矛盾は、人物の内面がテーマとなることによって「個人主義」につながります。そこで「個人主義」の反対を「全体主義」として次のように表してみます(「=」は等しい、ではなく類似の意)。

       勧善懲悪=全体主義
       善悪共存=個人主義
       小津=漱石

       学者の岡潔は「女性が本当に描けている文学者」として日本は漱石、外国ではドストエフスキーを挙げています。それは漱石の「則天去私」とドストエフスキーの「謙虚さ」によるとのこと(㊱女性を描いた文学者)。これをもっと広い意味に置き換えて、小津と漱石、ドストエフスキーの類似性が「誠実」にあるとしてみます。勧善懲悪は人を裁くために神の視点に立つことになり、それは手前のことは棚に上げて行なう、つまり不誠実。三者にはこれがない。そして全体主義は従順、個人主義は強情となります。これらを前式に加えて以下のように解きます。

       勧善懲悪=全体主義=不誠実=従順
       善悪共存=個人主義=誠実=強情
       小津=漱石=ドストエフスキー

       際この三者は社会性がない、もっと重要なものを扱うべき等の非難を受けていました。しかしそれは端的に言って好みの問題です。いつの時代も社会悪に関心のある人はいくらでもいます。逆にそうでない人も。それぞれの好みに合わせて行なえばいいこと。
       ドストエフスキーは思想によって人間を完全に支配することは出来ないと、社会主義の実現を否定しました(人間には「分かっちゃいるけど、止められない」という性癖があるため)。彼の著作は二十世紀の予言書と呼ばれましたが、これが最大の予言になったと思われます。そして、これは「◆普遍性(3)−面白い台詞」にある落語の「業の肯定」に当ります。
    「明暗」三十五には、主人公津田の悪友小林によるドストエフスキー評があります。小林は漱石の他の作品に出て来る「三四郎」の佐々木、「それから」の寺尾などと比べて同じ友人でも悪の要素が強く、悪魔的とさえ言えます。それは、ドストエフスキー作品の「虐げられた人々」ワルコフスキー、「罪と罰」スヴィドリガイロフ、「白痴」ロゴージン、「カラマーゾフの兄弟」スメルジャコフ等を思わせます。小林にこの作家の批評をさせているように、これもドストエフスキーの影響でしょうか。
       小林はドストエフスキーの小説について「いかに人間が下賤だろうとも、またいかに無教育だろうとも、時としてその人の口から、涙がこぼれるほどありがたい、そうして少しも取り繕わない、至純至精の感情が、泉のように流れ出して来る」と言っていますが、自分の演じているのは悪魔です。漱石はここでも「矛盾」を表しているのかも知れません。
       た当然のこととして、「善悪共存=個人主義=誠実」の条件だけで三者に絞られることはありませんが、特にドストエフスキーは他の二人にあまり似ているとも思えません。それは扱う思想の範囲が広いことも一因しているからでしょう。そこで小沼文彦訳「ドストエフスキーの言葉」から抜粋して彼らに比較的近いものを挙げてみます。ここにも矛盾の三要素(善悪共存、非難と羨望、評価る人の都合)が含まれています。

    1 [スチェパンチコヴォ村とその住人−心について]どんなに堕落した人間の心の中にも、きわめて高尚な人間的な感情が残されていないものでもない。人間の心の深部は究めつくせないものである。だから頭から堕落した人間を軽蔑してはいけない。いや、むしろ反対に、その美点を探し出して構成させてやらなければならない。一般的に認められている善悪とか、道徳の標準などは当てにならないものである(B31 矛盾−善悪共存)。

    2 [虐げられた人々−心について]人間の寛大な心が大きければ大きいだけ、声高く叫ばれれば叫ばれるだけ、そこに含まれる最も嫌悪すべきエゴイズムも増大するものである(B31 矛盾−善悪共存、B52 寸志を拒否)。

    3 [おじさんの夢−心について]すべての人がこの上なく悪意にみちた、残忍な喜びをいだいてその噂に耳を傾けた。誰か身近な人間の身の上に起こった、あらゆる種類の異常なスキャンダルに対して、われわれは普通、誰でもこうした態度を示すものなのである(B31 矛盾−善悪共存、B19 矛盾−非難と羨望)。

    4 [悪霊−心について]人間てやつはどんなときでも他人にだまされるよりは、自分で自分に嘘をつく場合のほうが多いものなんだ。そして、もちろん、他人の嘘よりも自分の作り話のほうを、余計に信じるものと相場が決まっている(B53 矛盾−評価する人の都合)。

    5 [白痴−心について]人間は、こわいと思う人のことは軽蔑しないものである(B53 矛盾−評価する人の都合)。

     

    *次に示す漱石「坑夫 3/100」とでは主旨が反対ですが、こちらは少し前の方から読んでいくと「白痴」の文が正常で、逆もあるがそれも「矛盾にゃならない」と言っています。

     

    「世の中には軽蔑しながらも こわ いものが 沢山 いくら もある。矛盾にゃならない」

    6 [カラマーゾフの兄弟−心について]人間の残虐な行為をよく「野獣のような」というけれど、これは野獣にとっては恐ろしく不公平で、しかも失礼な言いぐさだよ。野獣は決して人間のように残虐にはなりえない。あんな芸術的な、技巧的な残虐なまねなんかとてもできるもんじゃありゃしない(B31 矛盾−善悪共存)。

     

    *この説によれば「人間らしさ」と言われるのは、本当は「動物らしさ」ということになります。人間の残忍な行為は言葉によるところが大きいと思われますが、言葉とは多様ではあっても了解済みの概念一つ一つにラベルを張る行為であり、それらを寄せ集めて作られた新たな概念にラベルを張ることにより、言葉から言葉へと階層化されていきます。しかしそれらが、どんなに複雑、多様な成り方をしていても、一つの言葉を使う時はその表層を捉えるだけなので、その性質は動物が鳴きながら行うことと変わりないと言えます。

    7 [悪霊−社会について]人のお情けというやつには人間を堕落させるような要素が含まれているものである(B52 寸志を拒否)。

    8 [悪霊−信仰と創造]最高の芸術的天才の持主でも、同時にまた最も恐るべき卑劣漢でありうる、この二つは決して互いに矛盾するものではない(B31 矛盾−善悪共存)。

     

    【参考文献】

     

     (本文ここまで)




     

     

     

    ◆小津と漱石(6)−個人主義と矛盾 まとめ

    • 2018.02.12 Monday
    • 09:07

     

    JUGEMテーマ:日本映画の監督

     

     

    まとめ 【参考文献】



    「B 台詞の拝借」「C 単語の拝借」では、後者の単語が圧倒的に多いだろうと予想したのですが、結果はB八十一件に対してC三十件、逆に台詞のBの方が二・七倍になりました。単語に類似性があるとするのは判断が難しく、例えば同じ魚の名でも「鱧」は入れても、「秋刀魚」や「さんま」は漱石に十件以上あっても採らず、「秋刀魚の味」であれば入れたのですが、これは有りませんでした。
    「C 単語の拝借」の検索できた項目で、漱石が最多のものは同数(*付き)を含めて、全二十三件のうち次に挙げる十一件あり、合計で第一位となりました。第二位の泉鏡花が四件なので、そのほぼ三倍になります。作品数も多い漱石を元に抽出したので検索数も多くなるのは当然ですが、それでも傾向として、小津との類似性が他の作家にくらべて高いといえるのではないでしょうか。漱石最多の項目には、小津映画で印象に残る台詞(〜の見当、ひとりぼっち、何か彼か、よくって、利かぬ気の)が目立ちます。

     C 単語の拝借
    1 豆腐屋
    2 〜の見当
    3 二人とも、これからだ
    4 ひとりぼっち
    5 金と真鍮
    6 鱧
    11 何でもやります
    13 夜の目も寝ずに*
    15 何か彼か*
    17 よくって
    26 利かぬ気の*


    小津映画には、その大半は面白くても、ストーリーとは関係のない唐突な感じのする場面がよくあります。中には漱石由来と思われるものが二十三件もあるので、それらを示します。

     B 台詞の拝借
    4 客人に呑気な答え
    21 大学でもう、やってる奴がいる
    32 見合い写真に難癖
    34 要人の盛衰
    37 あの字はどう書いた
    40 深夜の病院で変な音
    42 世の中には面白い事がたくさんある
    44 着物を身につけたまま綻びを縫わせる
    46 鎌倉の家の中で方角を問う
    49 知人を二階の部屋に泊める
    52 寸志拒否
    54 仲直りの握手
    61 子供の居場所を変える
    67 尻端折りをして拭き掃除
    69 追随
    70 外来者に顕微鏡を覗かせる
    76 道ならぬ恋の手ほどき
    77 飲食店できまりの悪い思い
    78 皮肉な呼びかけ

     C 単語の拝借
    6 鱧
    9 やっぱり
    10 立小便
    19 黒猫

     


    小津は昭和二十八年「東京物語」製作の年に漱石の「明暗」を読んでいます(安莪貍蓮峅拮日乗をよみつゞくこと例の如し」、㉙昭和二十八年一月二十二日〜)。そして以後の作品に「明暗」から拝借したとみられるものが多く、その数は十七件。中には「東京物語」の前に同じネタを使う作品もありますが、「明暗」により頻度が高まったとも考えられます。
    また前後を比べると十五、十七と数の上ではあまり差はないのですが、「A 場面の拝借」は以後の作品だけに限り二件あり、「B 台詞の拝借」における「76 道ならぬ恋の手ほどき」「77 飲食店できまりの悪い思い」「80 置いてきぼり」等の類似性も高く、「明暗」の影響は明らかでしょう。特に「C28 おでん屋」では、小津映画に多い呑み屋の場面の中でも、おでん屋が初出の「東京物語」から「早春」「東京暮色」と三作連続なのは象徴的です。
    さらに小津は「明暗」の小林の性格に注目しており「明暗に出てくる小林といふ人物 どこか大久保忠素(小津が助手に付いていた監督)に似てゐる これが仲々よく書けている」(㉙昭和二十八年一月二十四日)、彼のネタが四件あります。
    それら「明暗」からと思われる十七件を以下に示します(*付きは「東京物語」以後だけにあるもの、+付きは小林のネタ)。

     A 場面の拝借
    5 燐寸二本で相手の煙草に火を点ける*
    6 待ち合わせ場所に新参者*+

     B 台詞の拝借
    3 芸術は美を表現する
    51 結婚後の和合
    71 子供には分らない、聞かせたくない大人の会話
    72 目的のバーはここいらにない*+
    75 反抗期
    76 道ならぬ恋の手ほどき*
    77 飲食店できまりの悪い思い*+
    80 置いてきぼり*
    81 林檎の皮むき*

     C 単語の拝借
    2 〜の見当*
    7 もう沢山
    8 お前のためだ
    22 洗濯物
    28 おでん屋*+
    29 いいお天気


    漱石の著作には比喩がよくありますが、この比喩の性質もまた小津と似ています。たとえば漱石「入社の辞」にある「新聞屋が商売ならば、大学屋も商売である」と、小津の「僕は豆腐屋だから豆腐しか作らない」。開き直りとでもいうような、これが外に向かう時は少し突き放す感じです。

    「人間の生地はこれだから、これで差支ないなどと主張するのは、練羊羹の生地は小豆だから、羊羹の代りに生小豆を噛んでれば差支ないと結論するのと同じ事だ」(坑夫 47/100)

    「映画には文学的要素と絵画的要素と音楽的要素がある。だから映画は芸術であるというような、変哲もない本質論なのである。……このコンニャクは、醤油もしみているし、砂糖もきいているし、唐がらしもちょいときいているから、これはうまいというような話だ」( ̄撚茲豊猜庫´瓩呂覆ぁ

    この二つはふざけたところも似ていますが、ここに挙げたものはどれも諷刺的で飾らず地のまま、着流しというような感じです。

     


    最後にもう一つ、漱石(慶応3/01/05, 1867/02/09)と小津(1903/12/12)は三廻り違いの同じ卯年の生れ。

     

    【参考文献】

     

     (本文ここまで)




     

     

     

    ◆小津と漱石(5)−個人主義と矛盾C 単語の拝借

    • 2018.02.11 Sunday
    • 18:55

     

    JUGEMテーマ:日本映画の監督

     

     

    C 単語の拝借 【参考文献】



       ここでは可能であれば漱石と他の作家の作品を検索して、その名前と数を示します(検索数が一件のものは名前のみ)。これは作者によって作品の分量が異るので公平ではなく、あくまで傾向をみるためにあります。

     また項目により抽出の条件も変り、例えば「8 よくって」は同じ用法ならすべて数えて、「19 黒猫」では同じ猫が作品の中で何回登場しても一つ、「22 洗濯物」は小津映画のように洗濯物が干されている場面だけに限り、同じ場面なら複数あっても一つとします。

     そのため「よくって」と「黒猫」など別項目の多少を比べても意味はなく、同じ項目についての作者間の比較を目的としています。対象の作家は漱石を含め以下の二十八名。

    夏目漱石/芥川龍之介/有島武郎/泉鏡花/内田魯庵/岡本かの子/小川未明/梶井基次郎/菊池寛/国木田独歩/小泉八雲/幸田露伴/斎藤茂吉/坂口安吾/島崎藤村/高村光太郎/太宰治/田山花袋/徳田秋声/永井荷風/中島敦/中原中也/林芙美子/樋口一葉/堀辰雄/正宗白鳥/室生犀星/森鴎外


    1 豆腐屋
    【二百十日 三】「肥えてるって、おれは、これで豆腐屋だもの」
    【文芸は男子一生の事業とするに足らざる乎】文学者の職業を男子一生の事業とするに足ると云うならば、大工も豆腐屋も下駄の歯入れ屋も男子一生の事業とするに足ると言っても 差支 さしつか えない。

    [⇔磴┐估ι紊稜,]ぼくは例えば豆腐屋なんだから次の作品といってもガラッと変ったものをといってもダメで、やはり油揚とかガンモドキとか豆腐に類したものでカツ丼をつくれたって無理だと思うよ

    *漱石はここに挙げたもの以外でも、「豆腐屋が商売なら文士も商売である」という趣旨のことを講演などで、たびたび述べています。「二百十日」には豆腐屋談義があり、この単語が五十五回も出て来ます。そしてこの小説のように、自分が豆腐屋であることを主張するものは他の作家にはないようです。
       小津にも自身を豆腐屋に例えたものが多数ありますが、彼は豆腐屋になるまでに、実に転職三回、最後は副業を二つ持っていたことが分ります。もともと小津自身は昭和九年に、「映画を製作するのは、せんべいを焼くのと同じで、いつも同じことをしているように思うのですが、結局、一本々々違います」と言っていたのですが( ̄撚茣篤賃婆世穎炭唾眠顱法∪鏝紊砲覆辰読章晴醗翅淳が、彼を「鹿ばかり描いている絵描きみたいなもの」と評して、これに対して小津は「鹿だけをちゃんと描くのだって、並大抵のことではない」と断言しています(てι紊弔りの境地)。
       昭和二十六年八月に「僕は納豆つくりだけをやっていればいい」と表現を変えて(映画への愛情に生きて)、さらにその一ヵ月後には「僕は豆腐屋だ」と改めました(同上 註5)。晩年は役者の演技について「俺は植木屋なんだから、こう鋏をチョンチョン入れていって最後にいい形の木を作っていく。だからその木の方が勝手に動いたり生えたりしてもらっちゃ困るんだ」(Щ各眄塗彙漫法
       そして昭和三十七年になると以前の絵描きの例をなぞって「何枚も同じバラを描きつづけている画家といっしょですよ」とも言っています(年寄りにも楽しい映画を)。これは動く鹿は描けないが薔薇なら描けるということか。実際、静物はよく描いていたようです。日記には昭和三十七年一月四日に自画像を描いたとも記されています。「小早川家の秋」には牛の絵ばかり集めている人物が登場しますが、小津映画をよく観るという意味なのか。

    *夏目漱石 70/芥川龍之介/有島武郎/泉鏡花 30/岡本かの子 4/小川未明 2/菊池寛 2/国木田独歩/幸田露伴/坂口安吾 8/島崎藤村 11/太宰治 9/徳田秋声 3/永井荷風 4/中原中也/林芙美子 3/森鴎外

    2 〜の見当
    【二百十日 四】圭さんは、いきなり、自分の帽子の上へ蝙蝠傘を おも しに置いて、颯と、薄の中に飛び込んだ。「おいこの見当か」
    【坑夫 67/100】坑夫が作業をしているに違ないが、どのくらい距離があるんだか、どの 見当 けんとう にあたるんだか、いっこう分らない。
    【こころ 先生と私 三十四】「どちらの見当です。もしいらっしゃるとすれば」
    【硝子戸の中 二十】この男の うち はどこにあったか知らないが、どの 見当 けんとう から歩いて来るにしても、 道普請 みちぶしん ができて、 家並 いえなみ そろ った今から見れば大事業に相違なかった。
    【私の個人主義 1/100】もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたには 相違 そうい ありませんが、はっきりとは存じませんでした。
    【明暗 百七十七】「この 見当 けんとう だと心得てさえいたならば、ああ 不意打 ふいうち を食うんじゃなかったのに」

    [東京物語 38:55]「あんたんとこは」「私の処はこちらですわ……この見当になりますかしら」

    *これは他の作家にも多数あると予想したのですが以外になく、小津もここだけのようです。
    *夏目漱石 6/泉鏡花

    3 二人とも、これからだ
    【野分 二】「我々の生命はこれからだぜ」
    【虞美人草 十七】宗近君は巻煙草を くゆ らし始めた。吹く煙のなかから、「これからだ」と 独語 ひとりごと のように云う。「これからだ。僕もこれからだ」と甲野さんも独語のように答えた。

    [秋日和 1:59:31]「あなたもこれから、お母さんもこれからだ」

    *夏目漱石 2

    4 ひとりぼっち
    【野分 八】「 一人坊 ひとりぼ っちだ」と高柳君は口のなかで云った。
    【彼岸過迄 須永の話 九】僕の顔さえ見ると、きっと冷かし文句を並べて、どうしても悪口の云い合いを いど まなければやまない彼女が、一人ぼっちで妙に沈んでいる姿を見たとき、僕はふと可憐な心を起した。
    【私の個人主義 88/100】個人主義は人を目標として 向背 こうはい を決する前に、まず理非を明らめて、去就を定めるのだから、ある場合にはたった一人ぼっちになって、淋しい心持がするのです。

    [美人哀愁 131 佐野の家の書斎]岡本「俺は、独りぼっちだ。たった独りぼっちなんだ」
    [秋刀魚の味 1:06:41, 1:50:38]「結局人生は一人じゃ、一人ぼっちですわ」……/「やあ、一人ぼっちか」

    *漱石の「野分」には「一人坊っち」が二十もあります。
    *夏目漱石 22/有島武郎 4/泉鏡花 3/岡本かの子 4/小川未明 3/梶井基次郎/菊池寛 2/斎藤茂吉/坂口安吾 13/島崎藤村 9/太宰治 2/徳田秋声/中島敦 3/林芙美子 8/堀辰雄 4/室生犀星

    5 金と真鍮
    【京に着ける夕】制服の ボタン 真鍮 しんちゆう と知りつつも、 黄金 こがね いたる時代である。
    【それから 六の五】 渡金 めつき きん に通用させ様とする せつ ない工面より、真鍮を真鍮で とほ して、真鍮相当の侮蔑を我慢する方が らく である。

    [彼岸花 27:07]「結婚は金だと思ったら真鍮だったって話もあるじゃないか」

    *夏目漱石 2

    6 鱧
    【虞美人草 三】宗近君はだまって鼻をぴくつかせている。「また はも を食わせるな。毎日鱧ばかり食って腹の中が小骨だらけだ。京都と云う所は実に な所だ。もういい加減に帰ろうじゃないか」「帰ってもいい。鱧ぐらいなら帰らなくってもいい。しかし君の 嗅覚 きゆうかく は非常に鋭敏だね。鱧の臭がするかい」……/甲野さんは、だまって宗近君の まゆ の間を、長い事見ていた。御昼の ぜん の上には宗近君の予言通り はも が出た。

    [秋刀魚の味 22:41]A「あー旨い。これは何ですか」 B「鱧でしょう」 A「ハム」 B「いえ、はも」 A「ああ、鱧。なるほど、結構なもんですなあ。うーん鱧か。魚へんに豊か、鱧か」……/C「あいつ鱧食ったことないのかな、字だけ知ってやがって」

    *漱石、小津とも鱧が出るのはここだけですが、他の作家のものには鱧を食べる話はありません。更にここでは鱧を連発して、しかもオチまでつけています。「秋刀魚の味」の「いえ、はも」は音を示した言葉なので、これを除くと数も同じ五つとなります。
    *夏目漱石 5/泉鏡花 2/岡本かの子/坂口安吾

    7 もう沢山
    【虞美人草 十 十八】「まあ御聞きよ。甲野が汽車の中であの女は嫁に行くんだろうか、どうだろうかって、しきりに心配して……」「もうたくさん」……/「寒ければ、石炭を かせようか」と云った。/めらめらと燃えた火は、 ゆら ぐ紫の舌の立ち のぼ あと から、ぱっと一度に消えた。煖炉の中は真黒である。「もうたくさんです。もう消えました」
    【三四郎 一二】「おいしいでしょう。美禰子さんのお 見舞 みやげ よ」「もうたくさん」
    【それから 十の四】三千代は いつも の通り落ち付いた調子で、「 難有 ありがた う。もう沢山。今あれを飲んだの。あんまり奇麗だつたから」と答へて、リリー、オフ、ゼ、ヷレーの けてある はち かへり みた。
    【彼岸過迄 停留所 三十三】「小鳥だよ。食べないか」と男が云った。「 あたし もうたくさん」
    【明暗 四十五】「ありがとう。ここでたくさん」

    [戸田家の兄妹 52:08, 1:03:35]「お祖母さんの何か見てあげようか」「もう沢山よ」……/「お母さま、お一ついかが」「もう沢山」
    [彼岸花 1:31:18]「向うへ行ってから、不自由なものがあったら、そう云ってよ。追々に送ってあげるわ」「いいのよ、お母様。もう沢山よ」
    [秋日和 55:50]「何かもらうかい」「いいえ、もう沢山」

    8 お前のためだ
    【虞美人草 十五】「何にもしない。私のためには何にもならない事だ。ただ御前のために云ってやるのだ」
    【こころ 両親と私 三】「何もお前のためにするんじゃないとお父さんがおっしゃるんじゃないけれども、お前だって世間への義理ぐらいは知っているだろう」
    【明暗 十五】父は時々彼に向って、「誰のためでもない、みんな御前のためだ」と云った。

    [淑女は何を忘れたか 40:00]「あたしは、あんたのこと心配して言ってんのよ」
    [青春放課後 1:18:22]「あんたのためを思えばこそ嫌なこと言ってるのよ」

    *夏目漱石 3/菊池寛 2/坂口安吾 3/太宰治 8/徳田秋声/林芙美子/堀辰雄 3

    9 やっぱり
    【坑夫 94/100】「どこまで降りました」「八番坑まで降りました」「八番坑まで。そりゃ大変だ。随分ひどかったでしょう。それで……」と心持首を前の方へ出した。「それで――やっぱりいるつもりです」「やっぱり」

    [東京暮色 1:16:54]「どうなさった、どういう事になったの」「あのう、やっぱり」「あそう、その方が良いわよ。あんた身体弱そうだから」

    *「東京暮色」の方は意味が通じません。医者は「やっぱり、どうするの」ときき返えすはず(後に書く「◆隠された演出(7)−きわどい演出」参照)。

    10 立小便
    【僕の昔】この間も道であいつが小便をたれているところをうまくとっつかまえて連れて戻った。
    【坑夫 8/100 15/100】何気なく 後姿 うしろかげ を見送っていると、大きな黒松の 根方 ねがた のところへ行って、 立小便 たちしょうべん をし始めたから、急に顔を そむ けて、どてらの方を向いた。……/「御前さん、汽車へ乗る前にちょっと用を足したら善かろう」と云う。自分はそれには及ばんから、一応辞退して見たが、なかなか承知しそうもないから、そこで長蔵さんと相並んで、きたない話だが、小便を垂れた。
    【初秋の一日】Oは石段を のぼ る前に、門前の 稲田 いなだ ふち に立って小便をした。自分も用心のため、すぐ彼の傍へ行って ひん なら った。
    【こころ 先生と私 三十】すると先生がいきなり道の はじ へ寄って行った。そうして 綺麗 きれい に刈り込んだ 生垣 いけがき の下で、 すそ をまくって小便をした。
    【道草 四十二】ある朝彼は親に起こされて、眠い眼を こす りながら 縁側 えんがわ へ出た。彼は毎朝寐起に其所から小便をする癖を っていた。ところがその日は何時もより眠かったので、彼は用を足しながらつい途中で寐てしまった。そうしてその あと を知らなかった。

    [麦秋 1:12:01]
    [お早よう 1:17:05]
    [浮草 07:00]

    *小津映画ではすべて子供がやります。これらの映像も不思議ですが、漱石「こころ」の先生の方はもっと驚きです。門下生を前にした自身の体験なのか。「お早よう」では、すでに右手でおにぎりを掴んでいるので片手で処理するのは難しそうです。
    *夏目漱石 6/芥川龍之介 8/梶井基次郎 2/菊池寛/斎藤茂吉 4/坂口安吾 14/太宰治 3/永井荷風 3/中島敦/林芙美子 4/森鴎外

    11 何でもやります
    【坑夫 99/100】「はあありがたいです。何でもやります。帳附と云うと、どんな事をするんですか」
    【彼岸過迄 停留所 二十】「何でもやります」「何でもやりますったって、まさか鉄道の切符切もできないでしょう」「いえできます。遊んでるよりはましですから。将来の見込のあるものなら本当に何でもやります。第一遊んでいる苦痛を のが れるだけでも結構です」「そう云う御考ならまた私の方でもよく気をつけておきましょう。 すぐ という訳にも行きますまいが」

    [大学は出たけれど 10:05]「第一歩から踏み出す決心です。受付で結構です」「君も大分苦労をしたようだね。それだけ解れば受付でなくとも社員として働いてもらおう」
    *夏目漱石 2

    12 無と悟り
    【夢十夜 第二夜】 趙州 じょうしゅう 曰く と。
    小津の墓碑銘「無」

    *小津の方は戦時中の体験からのようですが、「夢十夜」も読んでいたと思われるので挙げておきます。「無」の意味は違っても、その話が影響していることも考えられます。

    13 夜の目も寝ずに
    【夢十夜 第九夜】 の目も寝ずに心配していた父は、とくの昔に 浪士 ろうし のために殺されていたのである。

    [自作を語る 蓮嶷魏の刃」……監督になれば夜の目も寝ずにコンティニュイティも建てなくちゃなるまいしね。/「その夜の妻」……夜の目も寝ずにコンティニュイティを考えたよ。

    *夏目漱石/幸田露伴

    14 鼠が噛る
    【永日小品 泥棒】「 ねずみ が何か かじ っているんだ」

    [お早よう 1:11:07]「ねえ、鼠、軽石噛るかしら」「さあ、鼠は軽石食わんだろう」

    *夏目漱石/芥川龍之介/有島武郎/泉鏡花 3/太宰治/堀辰雄

    15 何か彼か
    【それから 三の一】実業界に這入つて、 なに かに かしてゐるうちに、自然と金が たま つて、此十四五年来は 大分 だいぶん の財産家になつた。

    [秋日和 1:59:05]「いつも何か彼か、あなたにお土産持ってらしって」

    *夏目漱石/幸田露伴/徳田秋聲

    16 秋日和
    【門 一】 秋日和 あきびより と名のつくほどの上天気なので……
    【硝子戸の中 九】空の澄み切った 秋日和 あきびより などには、よく二人連れ立って、足の向く方へ勝手な話をしながら歩いて行った。

    [秋日和](題名)

    *夏目漱石 2/芥川龍之介/泉鏡花 5/菊池寛/林芙美子/堀辰雄 2/森鴎外 3

    17 よくって
    【門 四 九】「小六さんが怒ってよ。よくって」と御米はわざと念を押しておいて微笑した……「ええ、今日は西洋の叔母さんごっこよ。東作さんは御父さまだからパパで、雪子さんは御母さまだからママって云うのよ。よくって」と説明した。
    【明暗 七十 七十三 九十三 百八】「じゃあたしが(おみくじを)引くから、あなた自分でおきめなさい、ね。何でも今あなたのお腹の中で、一番知りたいと思ってる事があるでしょう。それにするのよ、あなたの方で、自分勝手に。よくって」……「百合子さん、あたしまたお邪魔に上りましたよ。よくって」……「どうせあたしの話だから ろく な事じゃないのよ。よくって」……「あなたいただいてもよくって」

    [戸田家の兄妹 1:14:16]「そんな馬鹿な考え止めて頂だい。よくって、分った」

    *夏目漱石 6/芥川龍之介 4/有島武郎 3/岡本かの子 2/永井荷風 3/堀辰雄 2/森鴎外

    18 艶書
    【手紙 六】実をいうと手紙はある女から男にあてた 艶書 えんしよ なのである。
    【硝子戸の中 三十六】兄は或上級生に 艶書 ふみ をつけられたと云って、私に話した事がある

    [停学処分Ь津新一談]中学五年のときに退学事件……こりゃ稚児さんの事かなとおもってね……結果、放校ってことにはならなかった。
    [秋刀魚の味 20:32]「そいでお前停学くったよ」「くった、くった」「あん時は何だったんだい」「女学生にラブ・レター出したんだ」

    *夏目漱石 2/芥川龍之介 5/泉鏡花 3/小泉八雲/幸田露伴/島崎藤村

    19 黒猫
    【彼岸過迄 風呂の後 四】それのみか、彼の足の下には、スマタラ産の黒猫
    【硝子戸の中 二十八】ある人が私の うち の猫を見て、「これは何代目の猫ですか」と いた時、私は何気なく「二代目です」と答えたが、あとで考えると、二代目はもう通り越して、その じつ 三代目になっていた。/初代は宿なしであったにかかわらず、ある意味からして、だいぶ有名になったが、それに引きかえて、……その あと へ来たのがすなわち真黒な今の猫である

    [宗方姉妹 1:03:55](夫の亮助は色々な猫を飼っているが、最後に出てくるのが唯一名前で呼ばれる黒猫のタマ)

    *「宗方姉妹」大佛の原作では猫を飼っていません。
    「吾輩は猫である」の影響により、漱石は猫好きとの印象が強いのですが、それは誤解であり、息子の証言によると彼は犬好きであったとのこと。実際「猫」の主人は飼い猫を可愛がっているわけではなく、これは「宗方姉妹」における亮助よりも、呑み屋の女中「あたい(猫は)嫌い。勝手な時ばっかりニャアニャア人の顔色見てさ。犬の方がよっぽど良いよ、人情があって」(33:19)に近いでしょう。
    *夏目漱石 2/芥川龍之介 3/泉鏡花 7/梶井基次郎/島崎藤村 4/室生犀星

    20 方位九星
    【彼岸過迄 停留所 十五】彼の父は 方位九星 ほういきゅうせい に詳しい神経家であった。

    [長屋紳士録](田代の職業は大道の占い師)

    21 母を恋はずや
    【彼岸過迄 松本の話 八】「僕は離れたらまたきっと母が恋しくなるだろうと思うんですが、どうでしょう」

    [母を恋はずや](題名)

    *夏目漱石/芥川龍之介/有島武郎/菊池寛/国木田独歩 3/坂口安吾 2/森鴎外 3

    22 洗濯物
    【行人 友達 十九】島田に った若い女が、しきりに洗濯ものを 竿 さお の先に通していた。
    【明暗 四十】日に照らされてきらきらする白い洗濯物の色を、秋らしい気分で眺めていた
    【明暗 百十四】津田は洗濯屋の 干物 ほしもの を眺めながら……洗濯屋の前にある一本の柳の枝が白い干物といっしょになって軽く揺れていた。

    [お早よう](その他多数)

    *ここは洗濯物が干されているものに限るのですが、「お早よう」にも洗濯物を干す場面があるので(1:10:43)「行人」も入れました。
    *夏目漱石 4/芥川龍之介 3/泉鏡花 2/梶井基次郎 3/坂口安吾 5/島崎藤村 4/太宰治 2/田山花袋 2/徳田秋声 2/永井荷風 3/中原中也/林芙美子 3/堀辰雄 3

    23 お前の兄として
    【行人 兄 四十二】「二郎、おれはお前の兄として、ただ解りませんという冷淡な 挨拶 あいさつ を受けようとは思わなかった」

    [東京の女 14:40]「僕はお前の兄として、注意しときたいと思うんだ」

    24 葉鶏頭
    【行人 帰ってから 二十】そのうち秋がだんだん深くなった。 葉鶏頭 はげいとう の濃い色が庭を のぞ くたびに自分の眼に映った。

    [東京物語 1:50:08, 2:02:42](平山家の裏庭に葉鶏頭)
    [秋日和 34:20](桑田服飾学院前に葉鶏頭が並んでいる)
    [浮草 18:01](本間お芳方の裏庭に葉鶏頭)
    [小早川家の秋 35:18](裏庭に葉鶏頭)
    [‐津安二郎戦場談](戦病死した山中貞雄を偲んで)こうして話しながら庭を見ると、葉鶏頭が今年も咲いている。/もっと赤々と咲いていた頃だった。出征する前に、山中が訪ねて来て、雑談していたが、ふと目を庭にやると、何とはなく云った。「ええな、葉鶏頭は」/私も、じっと、葉鶏頭を見つめた。二人は、暫く葉鶏頭を眺めて黙っていたが、やがて、他の話に移って行ったことを思い出す。/帰って来て、何気なく庭の葉鶏頭を見ると山中の云った「ええな、葉鶏頭は」のやさしい言葉つきと、人なつっこい性格が妙に思い出される。

    *漱石以外は葉鶏頭の別名である雁来紅で検索できます。
    *夏目漱石/永井荷風 2/林芙美子 2/室生犀星 2

    25 輪廻
    【こころ 両親と私 八】油蝉の声がつくつく法師の声に変るごとくに、私を取り巻く人の運命が、大きな 輪廻 りんね のうちに、そろそろ動いているように思われた。

    [自作を語る−麦秋 呂海譴魯好肇Ε螢い修里發里茲蝓△發辰反爾あ穃慍≫というか≪無常≫というか、そういうものを描きたいと思った。

    *夏目漱石/芥川龍之介/有島武郎/小川未明 3/幸田露伴/太宰治/樋口一葉

    26 利かぬ気の
    【道草 五】それにしてもこの利かぬ気の姉が、夫に だま されて

    [淑女は何を忘れたか 31:48](端唄)「止めてはみたが利かぬ気の」
    [小早川家の秋 35:42, 46:26](同上)

    *夏目漱石/泉鏡花/岡本かの子/菊池寛

    27 しぶとい奴
    【道草 五十四】 平生 へいぜい からあまり口数を利かない彼女は ますます 沈黙を守って、それが夫の気を 焦立 いらだ たせるのを目の前に見ながら澄ましていた。「つまりしぶといのだ」

    [自作を語る 和臑離轡鵐ポールで、僕は生涯のうち最も多量に外国映画を観たんだ。それで、あいつも少しは変るだろうと思った人もいるらしいんだな。処が『長屋紳士録』、少しも昔と変らないというわけだ。何てしぶとい奴だ、ってね。

    28 おでん屋
    【明暗 三十三】「どこでも構わない。おでん屋でもいいじゃないか」

    [東京物語 1:07:27](おでん屋「お加代」おでん、焼き鳥の看板)
    [早春 26:04, 1:15:27](妻の実家のおでん屋で)「お前帰りにおでん持ってかないかい、良く煮えてるよ」
    [東京暮色 1:41:30, 2:02:20](おでん屋「お多福」)
    [お早よう 36:18](小料理おでん「うきよ」で)「おい、俺におでんくれ、スジ」

    *どうも、おでん屋には廃頽の傾向があるようで、「明暗」のこの台詞も廃頽的な悪友小林のものです。小津映画の方も良い印象は残りません。
    *夏目漱石/泉鏡花 14/坂口安吾 14/太宰治 37/徳田秋声 9/永井荷風 11/中島敦 3/林芙美子 7

    29 いいお天気
    【明暗 四十四】「好いお天気だ事」

    [戸田家の兄妹 26:17, 1:06:05]「ああ、明日もいい天気だ」「明日も良いお天気よ」
    [父ありき 19:35]「ああ、今日はいい日曜だ」
    [風の中の牝鷄 09:34, 1:06:43]「いいお天気ねえ」……「お天気がいいと、あたし何時もここへお弁当食べに来るのよ」
    [晩春 1:10:17]「ああ、明日もいい天気だ」
    [宗方姉妹 09:02, 1:21:17]「いいお天気」……「いいお天気」
    [麦秋 22:32, 22:47, 53:56, 58:23]「ああ、いい天気だ」……「あんまりお天気が良いもんですから」……「好いわねえ、綺麗な空」……「ああ、今日は良い日曜だった」
    [東京物語 1:52:39]「ああ、綺麗な夜明けだった。ああ、今日も暑うなるぞ」
    [早春 11:44, 25:28, 55:37, 1:46:33]「天気だといいなあ」「大丈夫よ、ここんとこ日曜ずうっとお天気だもん」……「今日はお天気よかったから、お前も連れてってもらやあ良かったんだよ」……「いいお天気」「綺麗な空」……「今日もまた暑くなりそうですわね」
    [彼岸花 25:48, 27:49, 37:28]「違いまんなあ、京都とは空の色まで」……「いやあ、ええお天気」……「いいお天気で良かったわ。何年ぶりかしら、こんな事(家族での旅行)」「うーん、いいお天気だね」
    [お早よう 21:05, 34:27, 1:13:50, 1:31:28]「ああ、いいお天気ねえ」……「あ、いいお天気ね」「ほんとに、いいお天気」……「いやあ、いいお天気ですなあ」「そうですなあ、ここんとこずうっと続きますなあ」……「ああ、いいお天気ですねえ」「ほんと、いいお天気」
    [浮草 03:42, 1:05:05]「やあ、今日も暑うなるでえ」……「ああ、悲しいくらい青い空だなあ」
    [秋日和 1:07:28]「いやあ、ちょっとね。いい天気だねえ、今日も」
    [小早川家の秋 14:56, 55:17, 55:50]「今日も暑うなるなあ」……「ああ、いいお天気」……「今日はお天気もよかったし、本当に」
    [青春放課後 27:13]「ああ、いい天気だなあ」

    *小津映画には天候についての台詞が多く、実際の天気はほとんど快晴です。初出の「戸田家の兄妹」では撮影時に追加されたようなので脚本「32 廊下」の該当箇所にはありません。小津はここでの佐分利信の演技について「クサクなるんじゃないかと心配したが、まあやらしてみようというわけでやらしてみると、それが巧く感じが出て成功した」(∨佑呂舛辰箸發海錣ないよ)と言っているので、これによって以後は脚本から意識して入れていったのでしょう。

     ところが「68 二階」の節子には「あしたもいい天気よ……あしたはお洗濯をして、……」と本編通りの台詞があります。ここは直接空を見ていないので、話の流れとして自然に入れていたのでしょう。

    「お早よう」では「いいお天気」を連発しますが、「そうですなあ、ここんとこずうっと続きますなあ」などと、わざとらしさを逆手にとって強調しています。

     しかし、これほど頻繁に天気が良いという台詞が出て来てもヒロインには余りありません。それを言うと「私のように綺麗」となってしまうからでしょうか。例えば原節子は「小早川家の秋」の未亡人役で「ああ、いいお天気」の台詞があっても、ヒロインを演じた「晩春」「麦秋」「東京物語」には出て来ません。例外的なものは以下の通り。

     

    「戸田家の兄妹」「明日も良いお天気よ」(高峰三枝子)先の兄の台詞に対応する、母娘の物語

    「風の中の牝鷄」「いいお天気ねえ」(田中絹代)ヒロインといっても若くない

    「宗方姉妹」「いいお天気」(高峰秀子)相手は恋人というより男友だち。「いいお天気」(田中絹代)「風の中の牝鷄」と同じ

    「早春」「ここんとこ日曜ずうっとお天気だもん」(岸恵子)主役でもなく現在の天候でもない。誘惑者という役柄なので晴天を口にしてはならないのだと思われます。これは「風の中の牝鷄」「お天気がいいと、あたし何時も……」(文谷千代子)も同様でしょう

    「彼岸花」「違いまんなあ、京都とは空の色まで……いやあ、ええお天気」(山本富士子)自分のように綺麗と言っているがヒロインではない。外部の役者なので贔屓して役柄や着物姿に合わせたのでしょう

    「お早よう」「ほんと、いいお天気」(久我美子)唯一若いヒロインの台詞ですが、この作品は子供たちが主役であり、意中の人を前にして大事なことは言えない、とコントのような乗り

     

    これらのことからヒロインが「いいお天気」と言うのは恋愛物以外の作品に限るといえそうです。

     

     雨天があるのは「大学は出たけれど」(09:28)、「美人哀愁」(「121 葬儀自動車屋の前」から「124 濡れたペーブメントに散る花びら」まで)、「浮草物語」(23:20)とそのリメイク「浮草」(47:00)、「東京の宿」(32:32)、「淑女は何を忘れたか」(40:54)、「宗方姉妹」(1:32:33)。雪が降るのは「若き日」(1:31:48)と「美人哀愁」(冒頭から「37 踏切付近」までと、結末の「138 雪の道」以降)、「母を恋はずや」(09:28)、「東京暮色」(25:41)。

     小津は予定していたことを天候に左右されてしまうロケを嫌いました。その現れとして「若き日」は吹雪の中で、学生たちが楽しそうにスキーをやります。「母を恋はずや」では雪の降る道を二人の幼い兄弟が歩いて行きますが、撮影前は雪を想定していなかったので天候についての台詞はありません。「東京物語」の脚本は、恐らく主要な場面のためもあり熱海の海岸を始めに書いたのですが、撮影は天候の具合により最後になってしまったとのこと。これは遠い尾道を優先したのも原因だったのでしょう。

    30 囲碁と将棋
    *漱石の小説では囲碁の方が将棋より出現回数が多いのに対して、小津のサイレントでは将棋が多のですが、トーキーになるとリメイクの「浮草」が「浮草物語」と同じ将棋であることを除くと、他はすべて囲碁になります。私見ですが、物語にある将棋は若者向け、囲碁は壮年以降向きと言えるでしょう(壮年者は囲碁をいつ覚えるのか、という疑問は残りますが)。

    「夏目漱石 12-5=7」は「12(囲碁)-5(将棋)=7(囲碁の方が7つ多い)」の意。

    *夏目漱石 12-5=7/芥川龍之介 4-1=3/有島武郎 2-2=0/泉鏡花 6-1=5/岡本かの子 3-1=2/小川未明 0-2=-2/梶井基次郎 1-0=1/菊地寛 5-6=-1/国木田独歩 4-1=3/幸田露伴 9-0=9/斎藤茂吉 1-2=-1/坂口安吾 61-39=22/島崎藤村 5-5=0/太宰治 8-7=1/田山花袋 2-1=1/徳田秋声 3-3=0/永井荷風 4-0=4/中島敦 0-2=-2/林芙美子 1-0=1/堀辰雄 2-0=2/森鴎外 6-0=6

     

    【参考文献】

     

     (本文ここまで)




     

     

     

     

    ◆小津と漱石(4)−個人主義と矛盾B 台詞の拝借(51〜81)

    • 2018.02.07 Wednesday
    • 20:07

     

    JUGEMテーマ:日本映画の監督

     

     

    B 台詞の拝借(51〜81) 【参考文献】



    51 結婚後の和合
    【行人 帰ってから 六】「結婚の話で顔を赤くするうちが女の花だよ。行って見るとね、結婚は顔を赤くするほど嬉しいものでもなければ、恥ずかしいものでもないよ」
    【明暗 三十】「全く見ず知らずのものが、いっしょになったところで、きっと 不縁 ふえん になるとも限らないしね、またいくらこの人ならばと思い込んでできた夫婦でも、 末始終 すえしじゅう 和合するとは限らないんだから」

    [晩春 1:14:28]「見合いでいいのよ、あんたなんか。あたしは(好きと)言えたけどさ。その代り見てごらんなさい、ちっとも良かなかったじゃないの……恋愛結婚だって当てになりゃしないわよ」
    [彼岸花 27:07]「結婚は金だと思ったら真鍮だったって話もあるじゃないか」
    [青春放課後 56:46]「あたしなんか、みんなから恋愛結婚だなんて言われてるけど、恋愛なんて結婚するまでよ」

    *漱石と小津のどちらにも恋愛結婚の否定と、結婚そのものを否定するものがあります。

    52 寸志を拒否
    【行人 帰ってから 十六】「たといどんな関係があったにせよ、他人さまから金子を頂いては、 らく 今日 こんにち を過すようにしておいてくれた夫の 位牌 いはい に対してすみませんから御返し致します」
    【こころ 先生と遺書 二十一】私はその場で物質的の補助をすぐ申し出しました。するとKは一も二もなくそれを ね付けました。
    【道草 六十三】「失礼ですが、車へでも乗って御帰り下さい」/彼女はそういう意味で訪問したのではないといって一応辞退した上、健三からの贈りものを受け納めた。
    【道草 八十八】「失礼ですがこれで くるま へでも乗って行って下さい」「そんな御心配を掛けては済みません。そういうつもりで あが ったのでは御座いませんから」/彼女は辞退の言葉と共に紙幣を受け納めて懐へ入れた。

    [東京物語 1:22:38]「あの、お恥ずかしいんですけど、これ」「なに」「お母さまの、お小遣い」「なにを、あんた」「いいえ、ほんとに少ないんですけど」「駄目でさ、あんた、こんなこと」(結局、受け取る)
    [彼岸花 1:05:24]「失敬だけど、これ、ほんのお小遣い」「あ、いいんです、そんなことして頂かなくて」(断固、拒否)
    [秋刀魚の味 36:55]「実はね先生、これ、こないだの連中が、これを先生に」「なんですか」「いや、記念品でもと思ったんですが」「あ、そりゃいかん。そりゃ頂けん。どうぞご無用に」(拒否するが、他に気を取られている間に置いていかれる)

    53 矛盾−評価する人の都合
    【行人 帰ってから 二十二】「兄さんはすでにお父さんを信用なさらず。僕もそのお父さんの子だという訳で、信用なさらないようだが、和歌の浦でおっしゃった事とはまるで矛盾していますね」……「何がって、あの時、あなたはおっしゃったじゃありませんか。お前は正直なお父さんの血を受けているから、信用ができる、だからこんな事を打ち明けて頼むんだって」

    [淑女は何を忘れたか 07:28, 13:40]A「ねえ、明日あたり、また大阪の節ちゃん来るわよ」 B「そう、逢いたいわねえ」 C「あたし、あの子好きさ」 B「あの子良い子よ、ちょっと清潔な感じがして」……/ A「節ちゃん、あんたお風呂へ入ったら耳の後ろよく洗っときなさい」 節子(煙草を吸いながら)「なんぞ着いてる」 A「うん」 節子「ねえ、拭いて」 A「いやよ、汚い」

    [父ありき 42:06]「帰省願書いて来たっす」「お前この前も帰ったな」「ああ、きゃあったす。んだども弟が生れたんで家さけえってみてえんす」「弟が生れれば帰っても、おっ母さんのおっぱい飲めないぞ」「そんなもの飲まね」……/「先生、今度の日曜日南寮皆して遠足に行くんですけども、先生も一緒に行かないすぎゃ」「今度の日曜はだめだよ」「だめだすべぎゃ」……「ちょっと用があるんだ」「いいんすべや先生一緒に行ってたんせ」「そうはいかんよ、親父に会いに行くんだ、勘弁してたんせ」……「先生もまだお父さんに会いてえすぎゃあ」「そりゃ会いたいさ。そりゃ幾つになっても同じことさ」

    [彼岸花 21:51, 26:26](仕事を再開するためにトイレと偽って、客を置いて部屋を出て行こうとする)A「ちょいと、トイレ行ってくる」 B「へえ、どうぞ……あ、うちも行っとこかしら」 A「君は、まあいいよ」……/(同じ人をその娘が、自分と同じように置いてきぼりにするのを非難する) A「で、君はどうするんだい」 C「うちは明日買い物して夜行で帰ります」 A「お母ちゃん置いてかい」 C「へえ」 A「ひどいね」

    [彼岸花 1:23:06]「お父さんて方はね、何でもご自分の思うようにならないと、お気に入らないのよ」「何がだ」「そうじゃありませんか、何時だってそうよ。今度の節子のことだって、おっしゃること矛盾だらけじゃないの」「矛盾」「そうよ、節子にボーイ・フレンドでもありゃ心配しないって、いつかも久子に、そうおっしゃったじゃないの。それが本当になったら今度は(結婚に)不賛成だなんて、ご自分で可笑しいとお思いにならない」

    [お早よう 30:19, 30:26, 34:12, 49:59](押し売りを撃退した母に対して)「お祖母ちゃんにかかっちゃ、かなわないわね」(と煽てておきながら、すぐ後に母が婦人会の会費を受取ったのを忘れていたことに腹をたて暴言を吐く)「やんなっちゃうよ、もうろくしちゃって。お祖母ちゃん、あんたもう本当に楢山だよ。とっとと行っとくれ」(この後の防犯ベルのセールスに対しては、会費の問題が解決したので機嫌よく)「うちはいらない、凄いのがあるもの……お祖母ちゃんよ、あれがいりゃあ大抵の事は大丈夫よ」(しかし近所とのもめごとの原因として、会費滞納の件を再び取り上げて)「大体お祖母ちゃんいけないんだよ、ボケちゃってて」

    *「淑女は何を忘れたか」、後の「彼岸花」、「お早よう」の三つは見られる人の言動により、その人の評価が変るので「31 矛盾−善悪共存」との類似もあります。「彼岸花」の後の方は妻(田中絹代)の「ご自分で」の発音が面白い。今までの娘への夫の態度に対して、その不満を凝縮しています。この後、会話は「A1矛盾と神様」に進みます。

    54 仲直りの握手
    【行人 帰ってから 二十四】「お重、お前とは好く 喧嘩 けんか ばかりしたが、もう今まで通り いが み合う機会も 滅多 めつた にあるまい。さあ仲直りだ。握手しよう」

    [早春 2:15:01](喧嘩した後の送別会で)「いよいよ行くのね、スギ。握手」

    *「早春」の方は仲直りの心境の変化を示す件が無いため展開が強引であり、見ていてこそばゆくもあるので元ネタがあったと思われます。

    55 弟が保護者のように兄の面倒を看る
    【行人 塵労】
    〔母を恋はずや 58:00〕

    *「行人」の「塵労」は、予定を変更して作品終了間際に追加されたのですが、後日談として描かれる主人公の更生していく様子が、ドストエフスキー「罪と罰」のエピローグに似ており、漱石はここから着想を得たのではないでしょうか。

    56 結婚すると女の性格が変る
    【行人 塵労 五十一】「嫁に行けば、女は夫のために よこしま になるのだ。そういう僕がすでに僕の さい をどのくらい悪くしたか分らない」

    [青春放課後 29:19]「私だって朗らかだったのよ、若いときは。でもあなたと一緒になってそうじゃ無くなった。苦労が足り過ぎちゃった」

    57 縁談工作はお見通し
    【こころ 先生と私 一】友達は、急に国元から帰れという電報を受け取った。電報には母が病気だからと断ってあったけれども友達はそれを信じなかった。友達はかねてから国元にいる親たちに すす まない結婚を いられていた。

    [彼岸花 26:03]「お母ちゃんのほんまの肚はなあ、自分が入院してうちに毎日見舞いにこさせて、ほんでその先生とうちと無理矢理仲ようさせようって魂胆どんのや。そんな事見通しどすわ」

    58 子供はいずれいなくなる
    【こころ 両親と私 七】「 小供 こども に学問をさせるのも、 しだね。せっかく修業をさせると、その小供は決して うち へ帰って来ない。これじゃ手もなく親子を隔離するために学問させるようなものだ」

    〔彼岸花 1:27:54〕「折角育てた娘を嫁にやるなんて、いやあ嫌なもんだよ」
    〔秋刀魚の味 1:41:29〕A「ねえ、奥さん。やっぱり子供は男の子ですなあ」 B「そうですねえ」 A「いやあ、女の子はつまらん」 C「そらあ、女だって男だっておんなじだよ。いずれはみんな、どっかへ行っちゃうんだ」

    59 親にとってはまだ子供
    【こころ 両親と私 七】母は私をまだ子供のように思っていた。
    【道草 九十三】「今にその子供が大きくなって、御前から離れて行く時期が来るに きま っている。御前は おれ と離れても、子供とさえ融け合って一つになっていれば、それで沢山だという気でいるらしいが、それは間違だ。今に見ろ」

    〔彼岸花 1:38:56〕「しかし、なんだねえ。子供って奴も、子供だ子供だと思っている内に、いつの間にか大人になってるもんだねえ」

    60 親の危篤を知らせる電報
    【こころ 両親と私 十】その中に動かずにいる父の病気は、ただ面白くない方へ移って行くばかりであった。私は母や 伯父 おじ と相談して、とうとう兄と いもと に電報を打った。

    〔東京物語 1:33:12〕A「ああ、もしもし。ああ、おれだ。え、電報」 B「尾道からよ、京子からなんだあけど、おかしいのよ。お母さん、危篤だっていうのよ」…… A「あ、ちょいと待ってくれ」 C「尾道からよ」 A「読んでみろ」 C「ハハキトク、キョウコ」 A「もしもし、もしもし。ああ、うちへも今来たよ電報」

    61 子供の居場所を変える
    【こころ 先生と遺書 五】叔父はもと私の部屋になっていた 一間 ひとま を占領している一番目の男の子を追い出して、私をそこへ入れました。

    [東京物語 08:38]「なんだい、僕の机、廊下に出しちゃって」「だって、お祖父さん、お祖母さんいらっしゃるんじゃないの」

    62 幼馴染みの仲は
    【こころ 先生と遺書 六】従妹とはその時分から親しかったのです……始終接触して親しくなり過ぎた 男女 なんによ の間には、恋に必要な 刺戟 しげき の起る清新な感じが失われてしまうように考えています。

    〔麦秋 1:43:39〕「あんまり近過ぎて、あの人に気が付かなかったのよ」

    *「麦秋」で幼馴染みでも婚約してしまうのは、それほど親密ではなく程々だったからでしょう。

    63 新しい事を口にするよりも
    【こころ 先生と遺書 八】私は ひや やかな頭で新しい事を口にするよりも、熱した舌で平凡な説を述べる方が生きていると信じています。

    〔宗方姉妹 50:08〕「あたしは古くならない事が新しい事だと思うのよ。本当に新しい事は何時まで経っても古くならない事だと思ってんのよ」

    *「宗方姉妹」の方の台詞は、これも大佛の原作にはなく、小津自身の作家としての考えを表しています(後に書く「◆普遍性−映画界の古典」参照)。

    64 夜学の教師
    【こころ 先生と遺書 二十一】Kは 夜学校 やがつこう の教師でもするつもりだと答えました。
    〔一人息子 21:50〕(母親が息子に会うために上京すると、彼は市役所を辞めて夜学の教師になっていた)

    65 戦地でも自分は死なない
    【硝子戸の中 二十二】或人が私に告げて、「 ひと の死ぬのは当り前のように見えますが、自分が死ぬという事だけはとても考えられません」と云った事がある。戦争に出た経験のある男に、「そんなに隊のものが続々 たお れるのを見ていながら、自分だけは死なないと思っていられますか」と聞いたら、その人は「いられますね。おおかた死ぬまでは死なないと思ってるんでしょう」と答えた。
    【明暗 五十二】「あなたのような落ちついた かた でも、少しは 周章 あわて たでしょうね」/「少しどころなら好いですが、ほとんど夢中でしたろう。自分じゃよく分らないけれども」/「でも殺されるとは思わなかったでしょう」/「さよう」/ 三好が少し考えていると、吉川はすぐ隣りから口を出した。/「まさか殺されるとも思うまいね。ことにこの人は」/「なぜです。人間がずうずうしいからですか」/「という訳でもないが、とにかく非常に命を惜しがる男だから」/ 継子が下を向いたままくすくす笑った。戦争前後に独逸を引き上げて来た人だという事だけがお延に解った。

    〔小津安二郎戦場談◆誉鐓譴蓮⊂しも怖くない。弾丸雨飛の文字通り、雨あられのこともある。一度などは、匪賊討伐に赴いて、連絡の橋を切落され、包囲攻撃を受けた。だが、さほど怖いとは、思わなかった。これは、つまり、兵隊にとっては、弾丸が飛来するのは、見慣れた現実だからである。弾丸が飛んでいる、アレに当ったら死ぬ、とは考える。だが、死んだ先は、考える余裕なんかない。敵がバタバタと仆れても、そこには、個人的な、――私的な感情はなくなっている。そして、次の戦へ進撃して行く。
    〔続 手紙ぁ傭討砲△燭襦戦死をする。着のみ着のまゝの埃と汗と垢で湯灌もせずに火葬になる。白木の箱に納つて東京に還つたら、先ず水道の蛇口の下に骨箱を置いて頭からどうどう、暫く水をかけて貰ひ度い。足先を凝視めて黙々と歩きながらさう思つた。だが腹の底に、僕には絶対に弾はあたらないと言ふ自信に近いものも確かにあつた。何故かと訊かれると困る。

    66 安っぽい涙
    【硝子戸の中 二十七】舞台の上に子供などが出て来て、 かん の高い声で、 あわ れっぽい事などを云う時には、いかな私でも知らず知らず眼に涙が にじ み出る。そうしてすぐ、ああ だま されたなと後悔する。なぜあんなに安っぽい涙を こぼ したのだろうと思う。

    [映画の味・人生の味−秋日和 楼譴弔離疋薀泙魎蕎陲埜修錣垢里呂笋気靴ぁ5磴い燭蠑个辰燭蝓△修Δ垢譴佝瓩靴させ、うれしい気持を観客に伝えることができる。しかし、これでは単に説明であって、いくら感情に訴えても、その人の性格や風格は現せないのではないか。劇的なものを全部取り去り、泣かさないで悲しみの風格を出す。劇的な起伏を描かないで、人生を感じさせる。こういう演出を全面的にやってみた。

    *漱石の方は安っぽい涙を流してしまう芝居を嫌ったわけですが、「30 悪事を嫌悪」と同じように、自身もそのような小説は書いていません。

    67 尻端折りをして拭き掃除
    【道草 八】 綺麗好 きれいず きな島田は、自分で 尻端折 しりはしお りをして、絶えず 濡雑巾 ぬれぞうきん を縁側や柱へ掛けた。
    【道草 四十八】持って生れた倫理上の不潔癖と金銭上の不潔癖の償いにでもなるように、座敷や縁側の ちり を気にした。彼は しり をからげて、 ふき 掃除をした。 跣足 はだし で庭へ出て らざる所まで掃いたり水を打ったりした。

    [小早川家の秋 45:04]A「なんや、拭き掃除か」 B「へえ」…… A「わいがやったる、貸し」 B「いいえ、よろしおす」 A「かまへん、かまへん、内輪やないかい」 C「お父ちゃん、足袋ぬがなあ、おいども巻くって」 A「ふん、そやな。お前よう気い付くわ」(尻端折りをして、拭掃除をする)

    68 子供を伴れて実家へ
    【道草 五十五】「じゃ当分子供を れて うち へ行っていましょう」細君はこういって一旦里へ帰った事もあった。……/一カ月あまりすると細君が突然遣って来た。

    〔東京暮色 2:15:11〕「道子もだんだん大きくなりますし」「そうか、じゃ帰るか」「ええ、今度こそ一生懸命、お父さんにご心配掛けないようにやってみます」「そうかい」「あたしにも、我が儘なとこがあったんです」

    69 追随に心得顔
    【道草 百一】「だけど御正月早々御前さんも随分好い つら の皮さね」「好い面の皮 こい の滝登りか」/ 先刻 さつき から そば 胡坐 あぐら をかいて新聞を見ていた比田は、この時始めて口を利いた。しかしその言葉は姉に通じなかった。健三にも解らなかった。それをさも心得顔にあははと笑う姉の方が、健三にはかえって 可笑 おか しかった。

    [秋刀魚の味 1:40:32]「いやあ、おれあ綺麗好きだよ」「綺麗好き、夜はすこぶる汚好きか」「あ、そうか。ははは……、なるほどねえ」「何がなるほどだい」

    70 外来者に顕微鏡を覗かせる
    【明暗 一】彼の そば には南側の窓下に えられた 洋卓 テーブル の上に一台の 顕微鏡 けんびきょう が載っていた。医者と懇意な彼は 先刻 さっき 診察所へ 這入 はい った時、物珍らしさに、それを のぞ かせて もら ったのである。その時八百五十倍の鏡の底に映ったものは、まるで図に 撮影 ったように あざ やかに見える着色の 葡萄状 ぶどうじょう の細菌であった。

    [戸田家の兄妹 51:46]「ねえ、お祖母さん、これ見てごらんよ」「なあに」(顕微鏡を覗かせる)「ね、見えるだろ」「うん」「綺麗だろう」「何だかごちゃごちゃしたものが」「何だか分るかい」……「お祖母さんには難しいことは分りませんよ」「難しいことないよ、僕の鼻くそだよ」

    71 子供には分らない、聞かせたくない大人の会話
    【明暗 三十一】「お母さん意があるって何」「お母さんは知らないからお父さんに伺って御覧」「じゃお父さん、何さ、意があるってのは」/叔父はにやにやしながら、 禿 げた頭の真中を大事そうに で廻した……「真事、意があるってえのはね。――つまりそのね。――まあ、好きなのさ」「ふん。じゃ好いじゃないか」「だから誰も悪いと云ってやしない」「だって みん な笑うじゃないか」

    [麦秋 38:10]「見たとことっても立派そうな方」「見たのか」「ええ写真で」「写真持ってるのか、紀子」「ええ……勇ちゃん、あっち行ってらっしゃい」
    [秋日和 28:46]A「あっち行ってろ」 B「いいじゃない」 C「いらっしゃい」……C「だいちゃんもお二階いらっしゃい。いくのよ」……C「ねえ、うちに来るなかじゃ(見合いの相手に)後藤さん一番いいんじゃない」 A「おれもそう思うんだ。一度よぶからね、お前からよく話して、写真と履歴書貰っといてくれ」
    [青春放課後 21:23]「君のおっかさんが未だ祇園で雛菊っていう可愛い舞妓さんの時分でね。俺たちみんな、ノリの岡惚れでねえ」「何どすの、ノリって」「ノリはノリだよ。まあ、君はほんなこたあ分らなくったっていいんだよ」

    72 目的のバーはここいらにない
    【明暗 三十四】その中程にある 酒場 バー めいた店の 硝子戸 ガラスど が、暖かそうに内側から照らされているのを見つけた時、小林はすぐ立ちどまった。「ここが好い。ここへ入ろう」「僕は厭だよ」「君の気に入りそうな上等の うち はここいらにないんだから、ここで我慢しようじゃないか」

    [彼岸花 58:54]「お馴染みらしいじゃないか」「はあ」「じゃ、早くそう言やいいのに。君も一緒んなって、随分探したじゃないか」「はあ、すみません。あの、ここじゃないと思ったんです」「じゃ、何処。そんなに君、おんなじ名前のバーこの辺に幾つもないよ」

    73 女房の掌に
    【明暗 四十七】「世間には津田よりも何層倍か むずかしい男を、すぐ手の内に丸め込む若い女さえあるのに、二十三にもなって、自分の思うように 良人 おっと あや なして行けないのは、 畢竟 ひっきょう 知恵 ちえ がないからだ」

    [晩春 1:15:00]「とにかく(嫁に)行ってみんのよ。で、にっこり笑ってやんのよ。すると旦那様きっと惚れてくるから、そしたらちょこっとお尻の下に敷いてやんのよ」「まさか」「そうよ、そういうもんなのよ。冗談だと思ってんの、あんた」

    74 窘めに動じない
    【明暗 四十九】 綺麗 きれい 友染模様 ゆうぜんもよう の背中が隠れるほど、帯を高く 背負 しょ った令嬢としては、言葉が少しもよそゆきでないので、姉はおかしさを こら えるような口元に、年上らしい威厳を示して、妹を たし なめた。「百合子さん」/妹は少しも こた えなかった。例の通りちょっと小鼻を ふく らませて、それがどうしたんだといった風の表情をしながら、わざと継子を見た。

    〔戸田家の兄妹 1:05:20〕(接客の後片付けで、三女が余ったお菓子をつまみ食いすると母が)「まあ、お行儀の悪い人」「美味しいのよ、これ」

    75 反抗期
    【明暗 七十四】一家のものは明るい室に 晴々 はればれ した顔を そろ えた。 先刻 さっき 何かに ねて縁の下へ 這入 はい ったなり容易に出て来なかったという はじめ さえ、 機嫌 きげん よく叔父と話をしていた。

    [東京の 合唱 コーラス  30:08](父親がボーナス日に失業してしまったため、子供に二輪車を買って帰る約束を果たせず、代りに与えた安いスケートを子が拒否して反抗する)
    [生れてはみたけれど 1:10:14](父親が上司に卑屈になるのを目撃した子供が、それを受け入れられず反抗する)
    [麦秋 1:09:10](父親がミニチュア電車のレールを買って帰ると思い込んでいた子供が、それがパンであったのを知って反抗する)
    [東京物語 26:02](祖父母の東京見物お伴の予定が、医者である父親の往診で中止になってしまったので子供が拗ねる)
    [お早よう 38:28](家にテレビが無くて大相撲が見られないと拗ねた子供が、親に叱られ反抗する)

    *漱石は自分の子供をネタにしたようですが(㉛第十三巻 断片 p.774)、子供のいなかった小津の方は自身の体験が元になっているのではないでしょうか。

    76 道ならぬ恋の手ほどき
    【明暗 百三十二】(後に津田と清子の密会のお膳立てをする吉川夫人について)時間に制限のない彼女は、頼まれるまでもなく、機会さえあれば、 ひと の内輪に首を突ッ込んで、なにかと 眼下 めした 、ことに自分の気に入った眼下の世話を焼きたがる代りに、 いた るところでまた道楽本位の本性を あら わして平気であった。

    [東京暮色 1:32:03]「さる短期大学に憎い程、純情無垢な男女の学生がありましてねえ、……その青年のアパートに一人の悪漢がありましてねえ、その青年を煽てて、ともあれこの二人をですねえ、実にこの何と申しましょうか、手もなく、くっ着けてしまったんですねえ」

    77 飲食店できまりの悪い思い
    【明暗 百五十六】「うん。ここには探偵はいないようだね」「その代り美くしい人がいるだろう」小林は急に大きな声を出した。「ありゃみんな芸者なんか君」ちょっときまりの悪い思いをさせられた津田は叱るように云った……

    [秋日和 43:34]「お母さん、ミシンの針買うんでしょう」「それからタの字の付くもの」「なあに、」(思わず大きな声で)「ああタラコ!」(ちょっときまりの悪い思いをさせられた母は、軽く睨んで周りを気にする)

    *「秋日和」にあるこの場面や、「15 あなたに用はありません」「26 第三者の介入で誤解をまねく」などは、かつてホーム・ドラマにも出て来たようなネタですが、元をたどれば小津を経て漱石に至るということでしょうか。

    78 皮肉な呼びかけ
    【明暗 百六十一】「何がそれみろだ。余裕は僕に返せと云わないという意味が君にはよく解らないと見えるね。気の毒なる 貴公子 きこうし よだ」

    [麦秋 42:40]「帰れ帰れ、幸福なる種族」

    79 明と暗
    【明暗 百六十五】今まで前の方ばかり眺めて、ここに世の中があるのだときめてかかった彼は、急に うしろ をふり返らせられた。そうして自分と反対な存在を注視すべく立ちどまった。するとああああこれも人間だという心持が、 今日 こんにち までまだ会った事もない幽霊のようなものを見つめているうちに起った。 きわ めて縁の遠いものはかえって縁の近いものだったという事実が彼の眼前に現われた。

    〔泥中の蓮を描きたい 妖ッ罎力……この泥も現実だ。そして蓮もやはり現実なんです。そして泥は汚いけれど蓮は美しい。だけどこの蓮もやはり根は泥中に在る……私はこの場合、泥土と蓮の根を描いて蓮を表わす方法もあると思います。しかし逆にいって蓮を描いて泥土と根をしらせる方法もあると思うんです。/戦後の世相は、そりゃ不浄だ、ゴタゴタしている、汚い。こんなものは私は嫌いです。だけれどそれも現実だ。それと共につつましく、美しく、そして潔らかに咲いている生命もあるんです。これだって現実だ。この両方ともを眺めて行かねば作家とはいえないでしょう。

    80 置いてきぼり
    【明暗 百八十】「いらっしゃる時は旦那さまもごいっしょでしたが、すぐお帰りになりました」「 いてきぼりか、そりゃひどいな。それっきり来ないのかい」「何でも近いうちにまたいらっしゃるとかいう事でしたが、どうなりましたか」

    [彼岸花 26:19]「じゃ、お母ちゃん可哀そうじゃないか、そんなとこ(人間ドックのために病院へ)入れられちゃって」「そやけど、身体だけは、ようなりますやろ」「そりゃまあ、そうだけど。で、君はどうするんだい」「うちは明日買い物して夜行で帰ります」「お母ちゃん置いてかい」「へえ」「ひどいね」

    81 林檎の皮むき
    【明暗 百八十七】「それで」と云いかけた津田は、 俯向加減 うつむきかげん になって 鄭寧 ていねい 林檎 りんご の皮を いている清子の手先を眺めた。 したた るように色づいた皮が、ナイフの刃を れながら、ぐるぐると けて落ちる後に、水気の多そうな 薄蒼 うすあお い肉がしだいに現われて来る変化は彼に一年以上 った昔を おも い起させた。

    [秋日和 1:12:46](かつての想い人の自宅に行った後に)「あんなのを言うんだね、雨に悩める海棠と。それでね、俺に林檎むいてくれたりしてね、あの白い手で」

     

    【参考文献】

     

     (本文ここまで)