◆小津喰ふ虫(6)−当たり役

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 11:30

 

JUGEMテーマ:日本映画の監督

 

 

当たり役 【参考文献】

 

 

 

 いくつかの小津作品では同じ役者が同じネタを演じていますが、そのうち面白いものを四つ挙げます。笠智衆の洗面と歯磨は一発芸の域にあるので台詞も載せました。彼は「一人息子」で、特にこの洗面の場面でブレークしています(β莪貍蓮‥位訛海の強行軍)。笠が他の監督の作品に出演したものでタイトルに名前のあるのは、この年までの五年間でわずか五本だったのが、翌年の一年間だけで十四本にまでなっており、その内二本で主役を務めてもいます(出演作品リスト)。このため同年の小津映画「淑女は何を忘れたか」には出ていませんが、五年後は「父ありき」の主役となりました。

 

なお笠が小津映画に出ていないのは第一作の時代劇「懺悔の刃」と「美人哀愁」「淑女は何を忘れたか」の三本なので、出演したのはちょうど五十本になります。「懺悔の刃」は当然のこととして、何故「美人哀愁」に出演していないのか。脚本をみると、小津映画最長158分の超大作であるにも関わらず、配役はたったの8人しかありません。鞘当ての男二人を除くと同年代の若者もなく、この頃まだ台詞のない笠の出番など、あるはずもなかったのでしょう。

 

洗面と歯磨(笠智衆)

「一人息子」(29:26)「あの良助君、まことに済まんがね、そこらに手拭いありませんかね。いやどうも、洗濯シャボンって奴は」/「晩春」(28:32, 1:21:31)「おい紀子、タオル」……歯磨の後、口を濯ぐ音「ガラガラガラ」/「麦秋」(1:07:51)不機嫌になり無言で「ガラガラガラ」/「お早よう」(18:50)「誰だ洗面所で歯磨きこぼしたの」/「秋刀魚の味」(47:15)「路子シャボンないよ、シャボン」

 

裏庭にいる猫をあやす(山村聰)

「宗方姉妹」(1:03:55)と「東京物語」(1:35:24)だけだが、この二つのショットはよく似ている

 

反抗期の子供を持つお母さん(三宅邦子)

「麦秋」(1:09:10)/「東京物語」(08:38, 26:02)/「お早よう」(38:28)

 

定年(東野英治郎)

「東京物語」(1:04:21)/「早春」(2:09:48)/「お早よう」(36:47)/「秋刀魚の味」(20:30)

 

【参考文献】

 

 (本文ここまで)




 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.06.09 Sunday
  • 11:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    アクセス・カウンター

    www.rays-counter.com

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM