◆小津喰ふ虫(10)−山村聰

  • 2018.06.03 Sunday
  • 09:03

 

JUGEMテーマ:日本映画の監督

 

 

山村聰 【参考文献】

 

 

 

 津が新東宝で製作した「宗方姉妹」は、他所で撮るならそこの役者を立てるのが当然でしょうが、姉(田中絹代)> 妹(高峰秀子)、夫(山村聰)は他社、昔の恋人(上原謙)はフリーながら元松竹、父親(笠智衆)は松竹、呑み屋の主人(藤原釜足)、女中(千石規子)や常連客(河村黎吉)は新東宝。すべて(松竹 > 新東宝)の設定。これでよく脚本が通ったと思うのですが、実際には新東宝からの要望で原作も配役も決まっていたとのこと(◆惱(姉妹』はどんな作品か)。高峰秀子がヒロインという名目があったからか。

 

 山村聰は松竹の役者ではなかったのですが、小津映画で重要な役柄を演じました。ここにも不可解な点が二つあります。初出演の「宗方姉妹」('50)では主役格にも関わらず(事実この作品で、同年のブルーリボン主演男優賞を受賞)、ポスター等の宣伝に山村聰の名も姿もありません。現在のDVDジャケットにもケース内にもそれらは無い。従って作品を観なければ、彼が出演していることすら分らない。

 

次の「麦秋」('51)では間宮康一役に抜擢されたのですが、山村の方で舞台を優先して断ったという経緯があります(β萋鷯蓮〕遒鼠媾Δぁ法H爐呂海慮紊法崚豕物語」('53)、「早春」('56)、「東京暮色」('57)、合わせて四本の小津映画に出演しています。しかし以後のカラー作品には出ていません。調べた限りでは彼の小津評なども無い。

 

 れらは小津の山村批判「少し技巧に走ってきた感じがする、猿がドングリを拾いかけてきた傾向がある」が原因か(∨佑呂舛辰箸發海錣ないよ)。しかし「少し技巧に走ってきた感……」は小津の偏見ではないのか。彼が四番バッターと評した杉村春子は(小津映画の名優たち―岡田茉莉子)、年中ドングリを拾っていたのではないだろうか。

 

「東京暮色」の竹内重子役で、ハンドバッグから小箱を取り出して顎を突き出しながら、「あ、ねえ、これちょっと使ってみてよ。クリーム、うちの新製品。今度売り出すの」と差し出す処などは(1:07:04)、ドングリを拾っている猿そっくり。小津は贔屓する笠智衆の演技を清水千代太から批判され、他の役者の方が良いと言われたのに対し、「君はその役者が好きなんだ」と答えたというが(⊂津安二郎に悩みあり)、これは誰にも当てはまることでしょう。小津の佐分利信批判、

 

 

「佐分利君の写真は『ああ青春』をみたけれど、なかなか良いと思った。しかしあの人は自から監督するときは自分は出演しない方がいいと思うね。演出家は常に客観的にものを見なければならないから自分が出演しては正しく客観視することは難かしいと思うのだ」(↓爐祭り屋瓩砲覆蠅燭ない)

 

 

では、同じ監督兼主役をやる山村もその対象になります。そういえば佐分利の小津評も少ない。監督をやる俳優は他の監督をとやかく言わない(言えない)ということか。

 

【参考文献】

 

 (本文ここまで)




 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.06.09 Sunday
  • 09:03
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    アクセス・カウンター

    www.rays-counter.com

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM